研究成果発表@日本農芸化学会2016年度西日本支部大会

2016年9月15日(木),16日(金)の2日間 にわたり、長崎県長崎市の長崎大学文教キャンパス 環境科学部・教養教育講義棟(長崎市文教町1-14)で開催された、日本農芸化学会2016年度西日本支部大会(西日本支部第316回講演会)にて以下の研究成果3件の口頭発表を行いました。

日本農芸化学会2016年度西日本支部大会(西日本支部第316回講演会)

http://nishinihon.jsbba.or.jp/presentation/presentation2016/316.html

会場:長崎大学文教キャンパス 環境科学部・教養教育講義棟

開催日:2016 年9月15 日(木),16 日(金)

taikai316

発表日:2016 年9月16 日(金)

C-a1 9:20 – 9:33

好塩性細菌ハロモナスを用いたバイオマス由来芳香族化合物からのエクトイン生産

○河本亮,仲山英樹(長崎大院水環)

C-a2 9:33 – 9:46

中度好塩性細菌ハロモナスの細胞表層工学を用いた低環境負荷型養殖エビ用機能性餌添加物の開発

○塩﨑将基1,樋口絵莉2,ティタマディー・シリポン3,仲山英樹1

1 長崎大院水環,2 長崎大環, 3 マヒドン大理)

C-a3 9:46 – 9:59

海洋性低温細菌アルスロバクター属NI-2 株におけるMn(II)酸化特性の解析

○仲山英樹1,進祐介1,浦田和也2,池上康之21 長大院水環,2 佐賀大海エネ)

質疑応答に際し、発表者に有益なご質問、コメントをいただき、ありがとうございました。