仲山研第三期生 修士論文発表会 2/10@長崎大学環境科学部

 平成28年度 長崎大学大学院 水産・環境科学総合研究科 環境科学専攻 修士論文研究発表会が、下記の通り開催されました。

 発表会では、発表者に有益なご質問、コメントをいただき、ありがとうございました。

【修士論文】

  • 塩﨑 将基: 抗白斑病ウイルス性ペプチドを生産するアーミングハロモナスの開発.長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科環境科学専攻 修士論文. 2017年2月1日提出.


日時:平成 29 年 2 月 10 日(金) 9:00-17:30
会場:環境科学部 342 番教室

Mr. Masaki Shiozaki’s Master Thesis Presentation on February 10, 2017.

仲山研 第三期生(修士)の塩﨑君、後輩の面倒や就職活動で多忙な中、修士論文研究では苦難の道で予想通りの結果がなかなか得られず苦労しましたね。修士論文提出ギリギリまで、体がしんどい時でも不屈の精神で実験に取り組んだ経験は、今後の社会でも役立つことでしょう。

予想外の結果に直面した時は、新しいことを発見するチャンスですので、これからもポジティブに不屈の精神で活躍されることを祈念します。