7月 02

研究成果発表@第53回化学関連支部合同九州大会

研究成果発表@第53回化学関連支部合同九州大会

http://godo-kyushu.jp/history/godo53/index.html

2016年7月2日(土)の1日間 福岡県北九州市の北九州国際会議場(北九州市小倉北区浅野3-9-30)で開催の、第53回化学関連支部合同九州大会にて以下の研究成果3件のポスター発表を行いました。

本大会で、 修士2年の塩﨑将基君 が、平成28年度日本農芸化学会西日本支部ポスター賞を受賞しました(こちら参照)。

▲ポスター賞受賞会場にて:左から、M1河本(発表者)、M2塩﨑(発表者・ポスター賞受賞者)、B4尾上(参加者)

ポスターに訪れていただいた皆様、発表者に有益なご質問、コメントをいただき、ありがとうございました。

一般ポスター発表:セッション6(14:50-15:50)生物化学・農芸化学

http://godo-kyushu.jp/history/godo53/program/program_bc.html

 

BC-6-094 持続可能なエビ養殖産業に資する中度好塩性細菌ハロモナスの細胞表層工学を用いた機能性餌添加物の生産

(長崎大院水環,長崎大環,マヒドン大理)

○塩﨑将基,樋口絵莉,ティタマディー シリポン,仲山英樹

※平成28年度日本農芸化学会西日本支部ポスター賞受賞

 

BC-6-096 中度好塩性細菌ハロモナスにおける不揮発性腐敗アミンからのエクトイン生産

(長崎大院水環)

○河本亮,仲山英樹

 

BC-6-099 海洋性低温細菌アルスロバクター属NI-2株によるマンガンのバイオミネラリゼーション

(長崎大学院水環,佐賀大海エネ)

○仲山英樹,進祐介,浦田和也,池上康之