仲山研究室 第二期生

仲山研究室に新メンバーとして、5名の3回生の学生(大島、小川、木下、福島、牧野)が仮配属されました。
仲山研究室の第二期となります。
乞うご期待!

祝 進路決定

仲山研の一期生の進路が無事に決定しました(民間1名、公務員1名、大学院進学2名)。

皆さん、就活、公務員試験、大学院入試、お疲れさまでした。

祝賀会では、みんな熱く語り合い、いい時間を過ごせました。

いよいよ卒業まで残り少ない学部生活ですが、これから卒業研究に打ち込んで、世界に向けて研究成果を発信しましょう。

祝 極限環境生物の産業展開(Industrial Application of Extremophiles) 発刊

 

 

今中忠行先生の監修により、極限環境に棲息する微生物が備えた優れた機能を産業に応用する最前線の研究成果がまとめられた学術書籍、「極限環境生物の産業展開(Industrial Application of Extremophiles)」がCMC出版から2012年8月1日に発刊されました。

 

仲山は『第4章 高塩生物圏』の『第1節 好塩性細菌のゲノム情報からメタルバイオ技術への展開』の執筆を担当しました。

詳細は以下のCMC出版のリンクを参照してください。

http://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4157

 

仲山研究室の紹介@長崎大学環境科学部オープンキャンパス2012

2012年7月21日(土)に長崎大学環境科学部でオープンキャンパスが開催されます。

2012年研究室紹介資料が配布されますが、仲山研究室の紹介資料で一部図に印刷不具合が有りましたので、仲山研究室にご興味のある学生さんは以下を参照してください。

研究室紹介も予定されていますので、興味のある人はぜひ訪ねてきて下さい。

皆さんと長崎大学環境科学部でお会いできるのを楽しみにしています。

祝 第20回生物工学論文賞 受賞

日本生物工学会の英文誌 Journal of Bioscience and Bioengineeringに発表した以下の研究論文が論文賞を受賞しました。
Rice sodium-insensitive potassium transporter, OsHAK5, confers increased salt tolerance in tobacco BY2 cells

Tomoaki Horie, Mitsuo Sugawara, Tomoyuki Okada, Koichiro Taira, Pulla Kaothien-Nakayama, Maki Katsuhara, Atsuhiko Shinmyo, and Hideki Nakayama
(JBB Volume 111, Issue 3, March 2011, Pages 346-356)

本論文は、塩害地での植物バイオマスの増産を目指し、奈良先端科学技術大学院大学、岡山大学、奈良県、信州大学に所属する共同研究者と共に行った研究成果を報告したものです。
詳細は以下の日本生物工学会のホームページを参照して下さい。
http://www.sbj.or.jp/news/news_award_20120612-1.html