仲山研第六期生 卒業研究発表会 2/16@長崎大学環境科学部

平成29年度長崎大学環境科学部環境保全設計コース卒業研究発表会が、下記の通り開催されました。

ポスターに訪れていただき、発表者に有益なご質問、コメントをいただき、ありがとうございました。

 

日時  2018年2月16日(金) 9:20〜16:30
会場 A-24教室

表. 仲山研六期生の発表プログラム.

発表番号 氏 名 卒業研究題目 掲載 P
AM05

住田 透

海洋性低温細菌アルスロバクター属NI-2株によるマンガンのバイオミネラリゼーション機構の解析と鉱山排水処理への応用

5
AM26

木原 早紀

醤油諸味中から分離された耐塩性乳酸菌を用いた細菌ミルキング法によるDL-アラニン生産特性の解析

26
PM08

長家 香子

海洋性バシラス属細菌NI-1株のマンガン酸化遺伝子群の機能解析と鉱山排水浄化特性

38
PM27

鄒 子燕

廃バイオマス由来の炭素源及び窒素源からγ―アミノ酪酸生産するハロモナス細胞工場の創製

57

▼住田 透(SUMITA, Toru)

▼木原 早紀(KIHARA, Saki)

▼長家 香子(NAGAIE, Kako)

▼鄒 子燕 (ZOU, Ziyan)

発表した仲山研六期生の皆さん、

 みんな、それぞれ自分の研究テーマに熱心に取り組んでくれて頼もしかったです。

 発表会の直前まで 、自分の納得いくまで研究にチャレンジしてくれました。

 卒業後も、それぞれの進路で、最後まで諦めないでチャレンジし続ける精神を大切にしてください。

皆さんの新天地での活躍を祈っています。

仲山研第四期生 修士論文発表会 2/9@長崎大学環境科学部

平成29年度 長崎大学大学院 水産・環境科学総合研究科 環境科学専攻 修士論文研究発表会が、下記の通り開催されました。

発表会では、発表者に有益なご質問、コメントをいただき、ありがとうございました。

【修士論文】

  • 河本 亮: 中度好塩性細菌ハロモナスによる廃バイオマス由来の炭素・窒素源からのエクトイン生産.長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科環境科学専攻 修士論文. 2018年2月1日提出.


日時:平成 30 年 2 月 9 日(金) 9:00-15:40
会場:環境科学部 342 番教室

仲山研 第四期生(修士)の河本君、後輩の面倒や就職活動で多忙な中、修士論文研究では地道に結果を積み重ねましたね。修士論文提出ギリギリまで、貪欲に実験に取り組んだ経験は、今後の社会でも役立つことでしょう。

次の就職先でも、発酵微生物と研究の日々が待っていることと思います。じっくり地道に微生物の力を研究していい商品開発ができることを祈念しています。

仲山研究室 第七期生

仲山研究室に新メンバーとして、4名の3回生の学生(扇世史輝、古池新太郎、日隈里音、三好勝之)が仮配属されました。 仲山研究室の第七期となります。 乞うご期待!

Poster presentation@ISIBio2017 in Indonesia

On 27th September, 2017, in the 4th International Symposium “Innovative Bioproduction Indonesia 2017 (ISIBio 2017)”, we had a chance to present about our research. The topic of the presentation is about development of foreign gene expression system for non-conventional yeast strains using  Agrobacterium tumefaciens-mediated (ATM) transformation method, which could contribute to establish super-cell-factory using non-conventional yeast strains.

Thank you for your kind attention.

27 September, 2017

Construction of foreign gene expression system in crabtree negative yeast cells using T-DNA based promoter trapping

Ami ONOUE1, Shoma MAKINO1, Jun ISHII2, Chiaki OGINO3Hideki NAKAYAMA1

1Graduate School of Fisheries and Environmental Sciences, Nagasaki University, Japan

2Graduate School of Science, Technology and Innovation, Kobe University

3Graduate School of Engineering, Kobe University

Presented by Ms. Ami ONOUE

 

Conference: the 4th International Symposium “Innovative Bioproduction Indonesia 2017” (ISIBio 2017), Bogor, Indonesia.

Venue: IPB International Convention Center, Botani Square 2nd Floor, Jl. Pajajaran, Bogor 16127, West Java, Indonesia.

2017 NU’s International Environmental Experts Internship Program

Nagasaki University’s International Environmental Experts Internship Program has started from 21st July, 2017.

Opening ceremony of NU’s Summer School Internship program 2017

Six students from Mahidol University, Thailand (3 undergraduate students from Mahidol University International College and 3 students from Faculty of Environment and Resource Studies, Mahidol University)  and four students from Lund University, Sweden joined the host laboratories as an intern at the Faculty of Environmental Science, Nagasaki University during the Program.

Opening ceremony for the Program was held at Faculty of Environmental Science, Nagasaki University on 21st July, 2017. Welcome and Opening remarks were made by Prof. Kimihiro YAMASHITA, Dean of the Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.

During 4th to 17th August, 2017, two interns, Mr.Joel Erik Gunnar HÄGGQVIST  and Mr. Oskar Vilhelm HEIMER from Lund University stay our laboratory and do some experiments.

Joel (left), Toru (center), and Oskar (right) at Lab bench

They learned about environmental biotechnology and did some experiments in our laboratory during the program.

I hope that they had good experiences during the program.