2020年度 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科環境科学専攻修士論文研究発表会、および長崎大学環境科学部環境保全設計コース卒業研究発表会が、下記の通り開催されました。

Nakayama H Lab Member on 15 Feb 2021.

会場及びZoomに訪れていただき、発表者に有益なご質問、コメントをいただき、ありがとうございました。


2020年度 長崎大学大学院 水産・環境科学総合研究科

環境科学専攻 修士論文研究発表会

日時  2021年2月8日(月) 9:00〜15:00
会場 342教室及び441教室(Zoomオンラインライブ中継)

  • 342教室-11: 扇 世史輝「生物的に生成したマンガン酸化物の亜リン酸に対する酸化作用の解析」(主査:仲山英樹、副査:西山雅也、副査:山口真弘)
  • 342教室-12: 三好 勝之「ハロモナスにおける不揮発性腐敗アミンからのエクトイン生合成機構の解析と高効率なエクトイン生産細胞工場の創製」(主査:仲山英樹、副査:長江真樹、副査:白川誠司)

2020年度 長崎大学 環境科学部

環境保全設計コース 卒業研究発表会

日時  2021年2月15日(月) 9:00〜16:00
会場 342教室及び441教室(Zoomオンラインライブ中継)

  • 441教室-14:小谷 緑「アスパラギン酸脱炭酸酵素及びアラニンラセマーゼを利用したDL-アラニン生産ハロモナス細胞工場の創製」
  • 441教室-15: 秀島 葵「好塩性細菌ハロモナスにおける高塩濃度条件下のセレン酸耐性の鍵となる硫酸トランスポーター遺伝子の探索」

コロナ禍の影響で実験できる時間が十分とれず、思うように研究が進まず苦労したと思います。修士の扇君と三好君は、後輩の面倒をみながら先輩としてしっかり研究室を支えてくれてありがとうございました。小谷さんと秀島さんは、実験の時間が十分とれず慣れないことばかりで大変だったと思いますが、よく頑張って卒業研究論文をまとめてくれました。みなさん、最後まで、粘りずよく時間ギリギリまで諦めずに研究に取り組んでくれました。新天地でも困難な状況に負けず粘り強く活躍されること期待しています。