研究成果発表@第64回日本生物工学会大会

研究成果発表@第64回生物工学会大会

http://www.sbj.or.jp/2012/

2012年10月23日(火)〜26日(金)の4日間兵庫県神戸市神戸国際会議場(〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-9-1)で開催の、64回生物工学会大会にて研究成果3件の口頭発表を行いました(仲山研究室の研究成果1件、仲山研究室と神戸大学近藤研究室との共同研究成果2件)。

また、23日の授賞式において、日本生物工学会の英文誌 Journal of Bioscience and Bioengineeringに発表した研究論文(仲山責任著者)が第20回 生物工学論文賞を受賞しました(こちら参照)。

  • 23日(第1日目) 第20回 生物工学論文賞受賞

Rice sodium-insensitive potassium transporter, OsHAK5, confers increased salt tolerance in tobacco BY2 cells

Tomoaki Horie, Mitsuo Sugawara, Tomoyuki Okada, Koichiro Taira, Pulla Kaothien-Nakayama, Maki Katsuhara, Atsuhiko Shinmyo, and Hideki Nakayama
(JBB Volume 111, Issue 3, March 2011, Pages 346-356)

本論文は、塩害地での植物バイオマスの増産を目指し、奈良先端科学技術大学院大学、岡山大学、奈良県、信州大学に所属する共同研究者と共に行った研究成果を報告したものです。
詳細は以下の日本生物工学会のホームページを参照して下さい。
http://www.sbj.or.jp/news/news_award_20120612-1.html

  • 24日(第2日目)

2Hp21 (2012.10.24, 17:30, 口頭発表)

長崎県産天然塩から分離した好塩性マンガン(II)酸化細菌の特性解析

仲山 英樹, 進 祐介(長崎大・環境)

(本成果は、現在4回生の進の卒業研究に関する研究成果です。論文要旨の結果本文の2行目にタイプミスがありました。誤)NI-2=>正)NE-2に訂正のほどをよろしくお願い致します。)

Identification and characterization of manganese (II) oxidizing halophilic bacteria isolated from natural salt in Nagasaki, Japan.

Hideki Nakayama, Yusuke Shin (Fac. Env., Nagasaki Univ.)

  • 25日(第3日目)

3Hp19 (2012.10.25, 17:06, 口頭発表)

Halomonas elongataを用いたバイオマスからのエクトイン生産技術の開発

○谷村 幸亮1, 仲山 英樹2, 田中 勉1, 近藤 昭彦11神戸大院・工・応化, 2長崎大院・環境)

Production of ectoine from biomass using Halomonas elongata

○Kosuke Tanimura1, Hideki Nakayama2, Tsutomu Tanaka1, Akihiko Kondo1 (1Grad. Chem. Sci., Kobe Univ., 2Grad. Sch. Envi., Nagasaki Univ.)

  • 26日(第4日目)

4Dp02 (2012.10.26, 13:42, 口頭発表)

 コリネ型細菌を用いた糖を原料とするカダベリンの生産

○岡井 直子1, Emma Niba1, 仲山 英樹2, 松田 史生1, 荻野 千秋3, 近藤 昭彦31神戸大院・自科, 2長崎大・環境, 3神戸大院・工・応化)

Production of cadaverine by Corynebacterium glutamicum

○Naoko Okai1, Emma Niba1, Hideki Nakayama2, Fumio Matsuda1, Chiaki Ogino3, Akihiko Kondo31Org. Adv. Sci. Tech., Kobe Univ., 2Grad. Sch. Envi.,Nagasaki Univ., 3Dept. Chem. Sci. Eng., Kobe Univ.)